夜間阿波おどりの練習取材やってます!

no2_7.jpg

no2_2.jpg 7月8日夕方7時ころ新町の親水公園~ボードウォーク周辺をうろついてみましたがそれらしい人影は見当たらず、夕涼み風のおねいさんに質問するとこのあたりでの練習はたいがい8時過ぎてで7時台は郷土文化会館よりの藍場浜に行ってみれば、、との事でした。

最初に見つけたのが「藝茶楽連」さん。太鼓に書いてあるロゴでわかります。練習前みたいだったので連長を探して撮影依頼を告げますと「阿波魂で?」とのご返事でした。阿波魂=み編集長のお顔が目に浮かび取材実績の証みたいなもんですね。さすがです。

本番1ヶ月以上前ですので初心者は手を上げないで先輩の後にくっついて基礎歩行練習の様子でした。時折手を上げ掛け声をかける程度で先輩が後輩の指導をする和気あいあいの練習風景でした。

no2_4.jpg もう少し西側の郷土文化会館前のれんがの広場では阿呆連のフォーメーション練習が真っ盛りでした。郷土文化会館東側の階段最上段に登って全体の動きを観察いたしますと何人かの指導する役目の方が隊列に指示を出していました。個人の技量と共にグループでの動き、スピードが人気だそうです。」
かなりな距離がありデジカメの感度設定を上げf1.2の明るいレンズに交換しパカパカ撮影していますと「どちらさんでしょうか?いやこのあたり最近置き引きとかが多くてこまっとんです、、。わっわしはドロボウさんと間違えられそうになっています。「扇ぐ阿呆」の会の者です・・とまだ発表前の団体名を出すわけにも行かず、、ほぼ真っ暗やみの中手帳から仕事用の名刺をとり出し渡しました。今後は必ず事前に取材申し込みをして頂きましてから撮影・撮影をと念を押されました。反省反省。

no2_1.jpg 翌日は夕立があり練習はお休みかな??とボードウォークに行ってみますと老若男女、何となくほのぼのした感じの練習が見れました。あまり広くない場所ですし3~40人ぐらいでしょうか雨上がりって事もあって見物の方もお散歩がてらいい感じが致しました。

Photograph,Writing/幸田青滋

no2_8.jpg