阿波おどりを応援するうちわ作っちゃいました!

A面は、阿波弁メッセージ10案。踊り子、鳴り物の人、帰省してきた人、観光客・・・。みんなが、にんまりしてくれたらラッキー。それからB面の「はがき」案。「うちわ」が「残暑見舞い」的に全国各地を飛び回っている様、イメージするだけで顔がほころびます。

 

utiwa_1.gifもんてきたでよ
We are back.
今年も、阿波おどりに再会できた喜びを噛みしめよう!

「もんてくる」=「帰ってくる」。
「○○したでよ」というのは、現在完了形です。
ということで、「まさにいま、帰ってきたよ、私は」
という感じです。県外住まいで、久しぶりに実家に帰った時に、
こんな会話が親子で交わされます。

<玄関空ける>
息子:「もんてきたでよ」

<居間から、声>
母:「えー!、はやかったな」(あらら、早かったのね)
父:「・・・」

<息子、父に土産を渡す>
息子:「これ、みやげ」
父:「おぉ、すまんの」(ああ、ありがとう)

妙な沈黙・・・。

ということで、「もんてきたでよ」は味わい深い言葉なのです。

------------------------------------------------------------

 

utiwa_2.gifすっぱりしとる
That's excellent.
華麗な踊りに出会ったら、最上級の賛美を贈りましょう!

「すっぱり」=「素晴らしい」です。
これも若い人は、ほとんど口にしないですね。
僕の記憶によれば、小学校の習字の先生が褒めるときによく言っていました。
「この字、すっぱりしとんなあ!」

------------------------------------------------------------


utiwa_3.gifしわしわ いかんで
Let's go slowly.
ちょっと混雑してますが、まあ、慌てずゆっくり、
今宵を楽しみましょう!

今となっては典型的なおじいちゃん、おばあちゃん言葉ですね。
「ゆっくり、いきましょ。」という感じの風情ある印象。
僕は、たまに久しぶりの友達と会って、
鍋とかつついていると、言ってしまいます。

------------------------------------------------------------

   utiwa_4.gif おぶけるわ!
What a surprise !
見事な踊りに出会ったら、全身で驚きを表現しよう!

「びっくりしたなあ、もう!」という感じ。
語源は、また調べておきます。
なんか、インパクトがあって、若い人でも常用する人あり。
その滑稽な響きが、けっこう場を和ませます。

------------------------------------------------------------

utiwa_5.gifどちらいか
You are welcome.
扇いで感謝されたら、思いっきり謙遜しましょう!

鳴門沖に棲息する「イカ」の一種であるという笑いネタはおいといて、
「ありがとう」に対する「いえ、こちらこそ」という軽い受けの言葉です。
この言葉、県人の若人は、もうほとんど口にしていないと思います。
でも、近所のおばあちゃんは「ありがとう」って言うと、
今でもこう返ってくるんだよなあ・・・。

------------------------------------------------------------

utiwa_6.gifえかげんで ええで
Take it easy.
緊張気味の踊り子さん、鳴り物さんに
肩の力を抜いてもらいましょう!

「えかげん」=「いい加減」。これは、「おまえは、えかげんやのー!」
という風に、バッドなニュアンスでも用いられます。
この違いは、声のトーンと顔の表情で見極めてもらうしかありません。

------------------------------------------------------------

utiwa_7.gifかんまん かんまん
No problem.
ちょっと失敗しちゃった踊り子さんも応援しちゃおう!

「かんまん」は「構わなくて良い」というところから由来すると
勝手に解釈しています。転じて「気にしなくてよいよ」というぐらいの意味。
ダブルで反復することにより、強調の意を表します。

------------------------------------------------------------

utiwa_8.gifえっとぶり!
Oh, it's been a long time !
年に一度の喜びを、みんなで分かち合いましょう!

「久しぶり!」という意味。
細分化すると「えっと」=「長い・長期間」で、
「ぶり」はひさしぶりの「ぶり」です。
用例としては、「えっと待った」=「長い間、待ちました」
「えっとみんかったなあ」=「長い間、会わなかったですね」
などがあります。

------------------------------------------------------------

utiwa_9.gifしれとる しれとる
It's easy.
踊りたくなったら、見よう見まねで踊りましょ。
ほら、カンタンでしょ!

これは、比較的分かりやすいと思います。
「たかが、しれたこと」とほぼ同意語。
これも、ダブルで反復することにより、強調の意を強めています。

------------------------------------------------------------

utiwa_10.gifやるでないで 
Very good.
イケてる「連」に出会ったら、声高らかに!

「ないで」というのは、阿波弁の特徴的な接尾語です。
意味的には、否定ではなく「よね!」「だね!」ぐらいの強調言葉です。
これの応用例として、「あるでないで!」という県外人の皆様には、
おおよそ意味不明な言葉があります。くれぐれも、
「あるのか、ないのか、ハッキリしろ!」と怒らずに・・・。
この意味は、「あるじゃないですか!」ということになります。

------------------------------------------------------------

utiwa_12.gif

Design/藤本孝明
Writing/新居篤志