2013年8月

鳴門市阿波おどり 突撃レポート【予告】

徳島市の阿波おどりに先駆けて、
いよいよ明日から「鳴門市阿波おどり」が始まりますね。

実は、扇ぐ阿呆の会の会長であり、
知る人ぞ知る名カメラマンの幸田会長は
何年もの間、鳴門市阿波おどりに出没しては
たくさんの風景や笑顔の写真を取り続けてきました。

なんでも、鳴門市の阿波おどりには
昭和の匂いを残したノスタルジックな風景と
何とも言えない人情味が残っているんだそうです。

そして、なんと!

鳴門市阿波おどり初日・9日(もう明日やないかい!)に、
幸田会長の独断と偏見による
「鳴門市阿波おどり・おすすめスポット」を
写真とともにリアルタイムで紹介しちゃいます。

何度も言いますが「独断」と「偏見」にまみれたレポートですので、
一切の苦情などは受け付けませんが(笑)、
何年も鳴門に足を運んだ幸田会長のおすすめスポットとはどこなのか、
会員の私も気になる所です。(と、会長に軽くプレッシャーをかけてみます)

えっとぶり団扇を持ってぶらぶらしている3人組を見かけたら、
どこからでも気軽にお声掛けくださいませ。
先着で「えっとぶり団扇」をプレゼントします。

では、また明日、ぞめきの向こうで会いましょう。


※現地のリアルタイムレポートは、
扇ぐ阿呆の会フェイスブックのページ
https://ja-jp.facebook.com/pages/扇ぐ阿呆の会/214411881943786
をご覧ください。



「えっとぶり団扇」できました!

2013-uchiwa.JPG

踊る阿呆に、見る阿呆。
そして、阿波おどりを通して
地域や人にエールを贈る「扇ぐ阿呆」。

そんな「扇ぐ阿呆の会」が毎年制作している
「えっとぶり団扇」シリーズが今年も完成しました。

今年は「えっと」と「ぶり」という言葉が
それぞれ裏表に配置されるダイナミックなデザイン。
気がつけば活動から10周年を迎えたということで、
扇ぐ阿呆の会のロゴマークも一新しています。

うれしいことに、最近では「今年のえっとぶり団扇、まだできんの?」
という声もちらほら聞こえるようになってきました。
何分、各会員たちが手配りでお渡ししていますので、
配布場所も時期も、その年によってさまざまなんです。。。

ただ、今年も、8月11日(日)に開催される「南新町の街角踊り」や、
徳島市の阿波おどり期間中に新町橋北詰広場で開催されている
「新町橋よいよい囃子」で配布することが決定しています。

ぜひ「えっとぶり団扇」を片手に、踊る阿呆の輪に加わってくださいね!

では今年も、ぞめきの向こうで、会いましょう。