NEWS & 活動報告[2011]

「虹」の一丁回り、見てきました。

niji-0812.jpg

いよいよ阿波おどりが始まりましたね!
「えっとぶり!」の夏を楽しんでいますか?

12日の深夜には例年通り
阿波おどりグループ「虹」の一丁回りが
鷹匠町で行われました。

今回の阿波おどり再発見ブックでも
大変お世話になった方々です。
四宮賀代さんの取材を担当させていただいた私も、
初めて生で拝見させていただきました!

もう、会場の熱気がスゴイ!
深夜だとはとても思えないほどの人だかりです。
一丁回りが始まると、あちらこちらから
「うわぁ〜」「きゃぁ〜」「ごっついなぁ〜」
といった歓声やため息が聞こえてきます。

人の呼吸に合ったゆったりとしたリズムで
阿波おどりの基本に忠実に踊る。
それは、実はとても難しいことなのだと
以前、四宮さんは教えてくださいました。

誤解を恐れずにいえば、派手な動きやリズムは、
それだけで人を引きつけるものがあると思いますが、
ゆったりとした画一的な動きで人を魅了するには、
とんでもない技術やオーラが必要とされるはずなのです。
このしっとりとした一丁回りに、これだけ多くの人が集まる理由。
それは、実際に目にしてみないと分からないかも。

当会のカメラマンも何名か来ていましたが、
なかでも石本カメラマンは
「毎年来てるよ。これが面白くてね」
とおっしゃっていました。

たぶん観光案内には載らないけれど、
徳島だけでなく、全国の阿波おどりファンに
一度は目にしていただきたい風景の一つです。

一丁回り終了後には、舞台用の踊りも一部披露してくださいました。
先ほどとは打って変わって、
新しい演出の数々に私たち観客は興奮しっぱなし。
最後の最後に、ラテン系のリズムとポーズで締め括るという
おちゃめな演出までご用意してくださっていました。

来年も、きっと行きます!



「えっとぶり」配本受付終了のお知らせ


全国の皆さま、
阿波おどり再発見ブック「えっとぶり」に
たくさんの申し込みをいただき、
本当にありがとうございました。

これにて、配本受付を終了させていただきます。

徳島県内の図書館にも配布しておりますので、
閲覧をご希望の方はぜひ足を運んでみてください。
後日、配本先の図書館リストも
掲載させていただく予定です。

いよいよ明日からは阿波おどり本番ですね。
それでは全国の阿呆の皆さん、
ぞめきの向こうで、逢いましょう!


「えっとぶり」第4弾、発送完了!


阿波おどり再発見ブック「えっとぶり」にて、
7月20日から本日の17時までに
お申し込みいただいた分につきまして、
本の発送作業を完了しました。

メール便にてお届けしておりますので
数日から1週間以内には到着することが予想されます。
大変お待たせしておりますが、何卒ご容赦くださいませ。

-----------------------------------------------------------
●阿波おどり再発見ブック「えっとぶり」
-----------------------------------------------------------

一般配布用の部数を追加!


阿波おどり再発見ブック「えっとぶり」に
たくさんのお申し込みをいただき、
ありがとうございます。

さて、予想を超える申し込み状況のため、
イベント用にストックしておいた
数百部を一般配布用に回すことになりました。

すでにお申し込みされている方はもちろん、
これからの申し込みにも対応できますので、
どしどしお申し込みくださいね。

阿波おどり本番まで、もう少し。
この本をめくりながら、
とびっきりの阿呆になるための
心の準備、進めてください。

-----------------------------------------------------------
●阿波おどり再発見ブック「えっとぶり」
-----------------------------------------------------------


徳島新聞に掲載されました


全国のみなさん、
台風の影響は大丈夫でしたか?
徳島も結構な雨風でしたよ〜。

さて、7月21日(木)付・徳島新聞朝刊にて、
阿波おどり再発見ブック「えっとぶり」の記事を
カラーで掲載していただきました。

記事を掲載しますので、
県外の方々もぜひご覧くださいね。

tokushin0721.jpg

クリックで拡大できます


-----------------------------------------------------------
●阿波おどり再発見ブック「えっとぶり」
-----------------------------------------------------------


「えっとぶり」が朝日新聞に


7月19日の朝日新聞朝刊にて、
阿波おどり再発見ブック「えっとぶり」が紹介されました。

これまではインターネット中心の告知だったのですが、
「新聞で本のことを知りました!」という方もいて、
とても嬉しく思います。

記者のNさん、素晴らしい記事をありがとうございました。

asahi0719.jpg
クリックで拡大できます


-----------------------------------------------------------
●阿波おどり再発見ブック「えっとぶり」
-----------------------------------------------------------

えっとぶりパーティー開催!


7月16日の金曜日、
本に登場していただいたゲストをお招きして
メンバーたちの制作慰労を兼ねた
「えっとぶりパーティー」を開催しました。
いや、もうね、めっちゃ楽しかったんです!

オープニングには今回のサプライズゲストとして、
表紙を飾った小僧、りきや君が登場!

当時はかわいい小学生だった彼も、今では男前の中学生。
筋金入りのサッカー少年になっていて、
なんと年代別の代表にも選ばれるほどの腕前だとか。
残念ながら阿波おどりはお休み中とのことですが、
えっとぶりにも関わらず持ち前の明るさで踊ってくれました。
いきなりパーティーは最高潮!

その後、ゲストの方々との親交を深めながら
ゆる〜く、楽し〜い宴会が続きます。


パーティーの終盤には真打ち登場!

本の「特集1」でもご登場いただいた
当代随一の名人・四宮生重郎さんの
楽しい解説付き阿波おどりオンステージです。

東京音頭に始まり、ズンドコ節、テキーラと、
個性あふれる曲をよしこの代わりに、
軽快に、品よく、阿波おどりを踊る四宮さん。

正調のよしこのが流れると、
りきや君と四宮さんがツーショットで乱舞。
本にも登場いただいた柳町春雨さんや、
鷲敷ライン連連長の岩川さんまでもが飛び入り参加し、
周りの人間も踊り始めて、会場は即席の輪踊り広場になりました。

最後はマイケルジャクソンのスリラー!
世界を熱狂させたキングオブポップの曲で、
この道60年のキングオブ踊る阿呆が踊ります。
うーん、贅沢。

阿波おどりって、心の垣根を瞬間的にとっぱらい、
人と人の絆を理屈抜きで結ぶパワーがありますね。
この日も、みんなでそれを実感しました。

みなさん、本当にありがとうございました!



ピクチャ 3.png
四宮生重郎さんと、りきや君の夢のツーショット!


ピクチャ 4.png
春雨さんと岩川さんも飛び入り参加!

ピクチャ 6.png
司会は「ほんまもん」プロデューサーの田岡さん。

ピクチャ 5.png
みんな腹から笑い、踊りました。


こんなサイコーな方々の
阿波おどりの情熱にふれたいという方は
下記より今すぐお申し込みを。
先着順ですが、本も送料もすべて無料です。

-----------------------------------------------------------
●阿波おどり再発見ブック「えっとぶり」
-----------------------------------------------------------



第2回「えっとぶり」配送作業、完了です。


阿波おどり本番まで、1カ月を切りました。
えっとぶりの夏が、すぐそこですね。

さて本日、阿波おどり再発見ブック「えっとぶり」の
第2回発送作業を完了いたしました。

7月14日までにお申し込みの方については、
来週前半あたりに本が到着すると思われます。

首を長〜くしてお待ちいただいている方も
いらっしゃるかと思いますが、
今しばらくお待ちくださいね。

有り難いことに配本のお申し込みも、
県内外から連日のように届いています。
申し込み受付を終了次第、ホームページにて告知しますので、
それまではどしどしお申し込みくださいませ。

なお、同一メールからの複数のお申し込みについては、
一人でも多くの方や地域に届けたいとの思いから
ご遠慮いただいております。

メールをお持ちでない方は
FAXでもお申し込みできますので、
詳しくは下記のお申し込み方法をご確認くださいね。

それでは!

-----------------------------------------------------------
●阿波おどり再発見ブック「えっとぶり」
-----------------------------------------------------------


第1回「えっとぶり」配送作業、完了!


阿波おどり再発見ブック「えっとぶり」の発刊から3日、
相変わらず全国各地から
たくさんのお申し込みが届いています。

自らの阿波おどりへの思いや、
本への期待感を書き添えてくださる方もいて、
とっても嬉しいです。


さて本日、一回目の発送作業を完了いたしました。

7月9日の正午までにお申し込みいただいた方につきましては、
もれなくお届け中ですので、今しばらくお待ちくださいね。

なお、クロネコヤマトさんのメール便を使っているため、
県内の方は来週の水曜日あたり、
県外(400km圏以上)の方は来週末あたりが
お届け日になると思われます。

7月18日以降になっても届かない、
という方につきましては、
お手数ですが事務局までお問い合わせくださいませ。

なお、まだお申し込み手続きができていないという方は、
先着順となりますので、下記よりお早めにお申し込みくださいね。

-----------------------------------------------------------
●阿波おどり再発見ブック「えっとぶり」
-----------------------------------------------------------



阿波おどり再発見ブック「えっとぶり」本日発刊!


本日、扇ぐ阿呆の会が制作した
阿波おどり再発見ブック
「えっとぶり」(無料)が本日発刊されました。
出来上がった本を手に取ると、
制作の苦労がすべて喜びへと変わっていくのを感じます。

400年の歴史を誇る、徳島の阿波おどり。
その長い歴史の中で、阿波おどりは地元だけでなく
全国各地に「踊る阿呆」と「見る阿呆」を生んできました。

これほどまでに人々を魅了する、
阿波おどりの魅力って、何だろう。

そんなメンバーたちの思いが、
この本を制作するきっかけでした。

取材や撮影を通じて、一つだけ分かったこと。
そう。その答えは、きっと無限にあるのです。

この本の中には、阿波おどりに情熱を燃やす方々の言葉や、
地域で脈々と受け継がれる阿波おどりの姿、
心のままにシャッターを押したカメラマンの写真など、
たくさんの「阿波おどりの素顔」が詰まっています。

そこから新たに感じたことや、気づいたことが、
皆さんの「再発見」へとつながり、
阿波おどりがさらに奥深く、楽しいものになれば
私たちにとってこれ以上の喜びはありません。

「えっとぶり」の夏まで、あと少し。
まずは、この本で、ちょっぴり浮かれてみませんか。

-----------------------------------------------------------
●阿波おどり再発見ブック「えっとぶり」
-----------------------------------------------------------

阿波おどり再発見ブック「えっとぶり」申込受付中!


全国の阿呆たちから、
反響ぞくぞく。


昨日、扇ぐ阿呆の会が制作した阿波おどり本、
「えっとぶり」(無料)の予約受付を開始したところ、
早くも全国各地からたくさんのお申し込みをいただきました。
本当にありがとうございます。

まだメディアにも露出していないのに、この反響。
夏を待ちわびる全国の「阿呆」たちの、
熱〜い思いが伝わってきます。

さて、申し込み方法の中にも記載している通り、
事務局から「受付完了しました!」の
お返事を皆さまにお出ししていないため、
「本当に予約は通っているのだろうか...」と
不安に思っていらっしゃる方も多いと思います。

現在、こちらに届いているお申し込み分に関しましては、
責任を持ってお届けいたしますのでご安心くださいね。

ただし、メールアドレスやFAX番号の間違いには
対応することができませんので、くれぐれもご注意くださいませ。

それでは、引き続き
無料配本のお申し込み、
お待ちしております!

-----------------------------------------------------------
●阿波おどり再発見ブック「えっとぶり」
-----------------------------------------------------------

扇ぐ阿呆の本、できました。

20110704_2.jpg

 

20110704.gif

 

これまで、いろんな形で「阿波おどり」にエールを送ってきた
「扇ぐ阿呆の会」が、ついに本を作っちゃいました。

カメラマンたちが7年にわたって撮り貯めた秘蔵写真、
個性あふれるライター陣による魂の取材文章、
マジメに楽しんで作ったデザイン&レイアウトなど、
これまでの活動の集大成的な一冊となっております。

テーマは「阿波おどり、再発見」。

阿波おどりって「ここ」がスゴイとか、
阿波おどりの「ここ」が好きとか、
阿波おどりの「ここ」がタマランとか、
一人ひとりの中にある「ここ」の部分が、
この本を見たり読んだりすることで
もっともっと広がったり、深くなればいいなぁ、と思います。

私たち自身、この本を通じて、たくさんの人や地域に出会いました。
大切な言葉や風景、笑顔や泣き顔に出会いました。

この場を借りて、すべての踊る阿呆と見る阿呆に、
そして、400年の阿波おどりに感謝します。

ありがとう。

20110704_3.jpg 

20110704_4.jpg

20110704_5.jpg 20110704_6.jpg

本の仕様

● タイトル:阿波おどり、再発見。「えっとぶり」
● 判型:A4変形サイズ(フルカラー)
● ページ数:96ページ
● 発行日:2011年7月7日(木)
● 発行部数:3,000部
● 価格:無料

※平成23年度文化立県とくしま推進事業助成
※「萬の民の阿波おどり」協賛事業


配本を希望される方へ

たくさんのお申し込み、本当にありがとうございました。
配本の受付は終了いたしました。